鹿児島の台風には気をつけて下さい。『命を大事に』です。(屋根や壁の修理も白尾塗装興業にお任せください)

夏~秋の時期、南九州の鹿児島では台風が多くやってきます。特に、秋にやってくる台風は大型のものが多く、大雨や強風に注意が必要です。

まずは「あなた自身と大切な人の命を守ること」が一番大切です。

 

①台風の前に、家の周囲の飛びそうなものは片付ける。
②台風が過ぎるまでは家の中や避難所にいる。
③台風が過ぎ去ってから、家の周囲を確認する。

 

――ということが、基本であり、一番大切だと思います。

なので、くれぐれも「雨風が強い時に、屋根に上る」ようなことはしないで下さい。雨漏りがする、瓦が飛んだ、壁が壊れた……ということが起こっても、家なら後から修理することができます。

しかし、命だけは、後から修理することはできませんので。

 

台風の後は、「雨漏り」と「屋根・壁の破損」にご注意を

台風の後は、家のチェックも大切です。

「壁に亀裂が入っていないか?」

「飛散物で屋根が壊れていないか?」

「雨漏りがしていないか?」

――などです。特に、「雨漏りがする」とか「屋根や壁に傷がついた」場合には、家の土台となる柱にもダメージ(腐食)が進むことがありますので、早めの補修が肝心です。

 

日置市伊集院町にある白尾塗装興業でも、台風の後には「屋根や壁の修理」「雨漏りの修理」「瓦の補修や修理」などのご依頼を沢山いただきます。

日置市だけでなく、鹿児島市や薩摩川内市、指宿市や姶良市など、薩摩半島全域~姶良・国分・霧島周辺のご依頼に対応しております。

 

部分的な修理でしたら、比較的安価に済ませることが可能ですし、普段から屋根や壁の工事(白尾塗装興業では、下地の補修~腐食の大規模な補修まで行っています)をしている塗装屋さんならではの、しっかりとしたプロの技で修理が可能です。

 

これが、雨漏りを放置したり、屋根や壁の破損を放置すると……シロアリの原因となったり、腐食で大規模な工事が必要になったりします。なので、白尾塗装興業では「小さな傷は小さなうちに直す」のが、大切だと考えています。

ただ、ご依頼が重なった時には「お申込み順」での修理になりますので、少しお時間を頂く場合もございます。早め早めにお申し込み頂けますと幸いです。

お見積り、ご相談は↓こちら↓からお寄せください。

【お見積り】








※お見積り金額を折り返しご連絡いたしますので、お電話番号もしくはメールアドレスはお間違えの無いようにご入力下さい。

上記内容でよろしければ「チェック」をつけて送信ボタンを押してください。

タイトルとURLをコピーしました